生キャラメルについて

生キャラメルは、牛乳、生クリーム、水あめ、蜂蜜などを原料とした飴菓子です。

ティーブティックの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

一般的なキャラメルよりも、生クリームの量を多くして100℃前後の加熱によって作られるため、とろけるような柔らかい食感と、濃厚な味わいに仕上げられています。

非常に柔らかいため、常温で置いておくだけでも溶けだしてしまうことがあります。

この生キャラメルは、2006年北海道紋別郡興部町の「ノースプレインファーム」が牛乳消費の低迷を改善するために開発されたことがきっかけで誕生しました。


また、2007年にタレントで酪農家の田中義剛氏が、北海道河西郡中礼内村で営む「花畑牧場」が、「花畑牧場生キャラメル」の名前で販売を開始したことによって、全国的に知名度が上がりました。

その後、田中義剛氏は「生キャラメル」の商標登録を申請しており、商品の柔らかさをイメージしやすくする「生」がつくことで、多くの人に新鮮なイメージを与え、人気を博しました。
花畑牧場で作られるキャラメルは、すべて手作りのため、数が限られており、その入手方法は、道内では直営店や新千歳空港、駅の売店、土産物店、道外では地方の物産展やネット通販でしか購入できず、花畑牧場の販売店でも1人5箱までと限定されていました。


そのため過去には200箱以上の大量販売を求める事件が起きており、また、類似商品が現れ刑事事件になるなど社会問題にもなりました。

NAVERまとめの情報が必要な方必見です。

その後入手難は解消され、「生キャラメル」は「白い恋人」や「マルセイバターサンド」に続く北海道土産の代表として現在でも根強い人気を誇っています。



最新考察

今も人気の生キャラメルですが、普通のキャラメルとの違いは何でしょうか。キャラメルといえば、昔から固形の固いタイプが一般的です。...

more

食事入門

ブームにより、北海道の名菓ともなった生キャラメル。柔らかな食感と、コクのある濃厚な甘みがクセになるお菓子です。...

more

食事の基本知識

生キャラメルは家で簡単に作れるお菓子で、基本的な材料は牛乳(150シーシー)・グラニュー糖(100グラム)・はちみつ(20グラム)・生クリーム(200シーシー)・バター(20グラム)・バニラビーンズ(4分の1本)です。弱火で25分程トロトロ煮詰めていくともったりとした液体のキャラメルになります。...

more

大人の常識

生キャラメルは、一大ブームを引き起こしたキャラメルです。なめからで甘くてクリーミーなくちどけが魅力的なキャラメルで、主原料に生クリームを多く使って作られています。...

more
top