生キャラメルと普通のキャラメルの違い

今も人気の生キャラメルですが、普通のキャラメルとの違いは何でしょうか。



キャラメルといえば、昔から固形の固いタイプが一般的です。しかし生キャラメルは材料の分量や作り方から異なる別物です。


生キャラメルは、普通のキャラメルより生クリームやバターを多く使っています。


作り方も温度からして大きな差があります。

普通のキャラメルは200度位の温度で加熱して作りますが、生キャラメルはその半分の100度位で作ります。
ぬるめの温度で作ることで、柔らかく口溶けの良いキャラメルができあがります。

T-SITE情報を集めているサイトです。

柔らかいので常温で保存すると溶けてしまうこともあるので、購入後は早めに食べるか、冷蔵庫に保存するのがベストです。ギフトとしてあげる場合は、普通のキャラメルが固くて苦手な方におすすめです。


歯の詰め物が取れないか心配な方、柔らかい食べ物が好きな方などです。しかし生キャラメルは簡単に手作りすることができます。

用意するのは、バターと砂糖と牛乳だけです。
牛乳は低脂肪ではなく通常のものを選びましょう。

バターを60グラム、砂糖を150グラム、牛乳を150ミリリットルを用意し、これらをまとめて鍋に入れて煮詰めるだけです。その間はヘラでかき混ぜ続けます。水分がほぼなくなってとろみが出たら、クッキーを作る時に使うシートをトレーに敷いて、そこに流し込んで室内で冷まします。

冷めて固まったら、食べやすい大きさに切り分けて食べましょう。



使う牛乳やバターのメーカーによって風味も変わるので、色々試してみましょう。

top