自宅でも生キャラメル

ブームにより、北海道の名菓ともなった生キャラメル。



柔らかな食感と、コクのある濃厚な甘みがクセになるお菓子です。

nanapi情報を多数ご用意したサイトです。

そんな生キャラメルを、自宅でも作る方法があります。
難しそうなイメージがありますが、コツさえつかめば自宅の定番おやつにもなりますので、是非チェックしてください。

用意するものは、砂糖(大さじ2)、はちみつ(小さじ1)、生クリーム(1/2カップ)、バター(20g)の5つです。

甘さや固さによってアレンジを加えてみてください。
まずは、焦げ付きにくいフッ素加工などがされたお鍋に、材料をすべて入れて火にかけます。
ふつふつとしてくるまで強火で材料を溶かし込み、沸騰が近づいてきたら弱火で素早く混ぜます。



ここでよく失敗してしまうため、とにかく焦がさないように気を付けてください。

とろみがつくまで混ぜ、カスタード状に柔らかくなったら火を止めてください。

ここまで大体20分ほどかかります。あらかじめ、クッキングシートなどを広げておき、そこに手早く移して平らにならします。粗熱が取れたら、冷蔵庫で2時間ほど冷やします。しっかりと固まったら、お好みの大きさに切り分けましょう。出来た生キャラメルは、キャンディのようにラッピングしたり、大きさの合う箱に入れてデコレーションしたりすれば、プレゼント用にも使えます。


口に入れるとすうっと溶けていく生キャラメル。

ご家族のおやつタイムやお友達へのプレゼントにと、活躍の幅は広そうです。


top